即日の借入も可能なノーローン

飲み会に行くような費用が足りなくて悩んだ時に利用させていただいたのが、

キャッシングのノーローンです。

なぜそちらを利用したのかと申しますと、

即日で審査から借り入れまでさせていただけると聞いたからです。

実際に、審査を受けたのですが、審査結果が出たのは40分から60分程度でした。

ほとんど待たずに審査結果を出していただけたので本当にうれしかった事を覚えています。

そしてすぐにカードを発行させていただきましたので、

そのカードを使いまして借入れを行いました。

その結果として、安心して飲み会に参加できたというわけです。

即日利用につきまして、全く問題なく利用できました。

私と同じようにすぐにお金が必要であるという場合には、

ぜひノーローンの利用のほうを検討してみるべきです。

学生時代金銭感覚麻痺のキャッシング

あまりにも簡単に借りられるキャッシングですが、私が初めて消費者金融でキャッシングカードを作ったのは学生の頃です。

しかも、同じ日に友達4人で消費者金融の無人契約機に行きました。

全員バイトをやっていて、一応の定期収入があったので、速攻で審査に通り、こんな簡単なの?

という印象です。

そもそも借りるキッカケは海外旅行行こうという事が発端で、みんなそれなりにバイト収入ありましたが、そこは学生、金があれば居酒屋やカラオケ、デート、なんにでも金を使います、あればある分使う感じでした、海外旅行はそれはそれは楽しかったです、お金も借りた分もあって、使えるお金も多いですし、最高の想い出になりましたね、その時までは。

で、日本に帰ってきて、返済日が来ます、最初は大した事思わず、決められたお金を返せばいいと思って、返済日になれば決まった分だけ払ってましたが、ちょこちょことそれからも借りる事もあり、全く元金が減らないです、そのころから学業に専念すべく、バイトの量の減らさざるをえなくなってきたのですが、返済もあり、少し生活が苦しくなってきました、同じように借りたみんなはどうしてるか?と思って聞くと、借金減らないから、別の所で借りて返済回してると。

私も良いアイデアを聞いたと別の金融会社に借りにいきました。そして借金の返済の為借金する多重債務の道に知らず知らずに突っ込んでました、しかも4人も同時に、私達、全員数学得意な理系学生でした、それがこんな中学生でも解るレベルの金の計算が立たなくなり、というか麻痺してました。

冷静になって計算すれば解るのに、目の前の欲を満たすために、借金があるのに、贅沢は辞めません、もう気が付いた頃には3ケタ超えで返済するの無理になっていました。そしておまとめローンに走り、それでも返済出来なくなり、私はバイト先の社長に事情を話し、頭を下げて無利子でお金を借りる事で何とか凌ぎました。周りの連れもそれぞれ親や家族に泣きついてなんとかなりました。

本当にアホ学生でした。

過去3ヶ月の支払履歴をキレイに

モビットなどのカードローンを利用するときには必ず審査がありますので、審査に通るためにしておきたいことがあります。

カードローンやキャッシングが初めての人なら、クレジットカードの支払履歴をキレイにしておくことです。なぜカードローンの審査なのに、クレジットカードの支払履歴が関係あるのか、と思われる人もいるかもしれませんが、この支払履歴がその人の返済能力を表しているからです。

キャッシングはしたことがないけど、クレジットカードの支払いには延滞の経験があるという人は注意が必要です。

こんなことを言われるとダメかもしれないという人もいるかもしれませんね。

アコムのキャッシングの申し込み手順

アコムのキャッシングを利用したいと思っていましたが、利用方法がよく分からなかったので、調べてみました。

その結果、申し込み手順は、まず、パソコンから申し込みをすると、申し込み内容を確認次第、電話およびメールで連絡いたしますということでした。

次に、メールに記載されたURLからログインし、都合の良い方法で、「本人確認書類等」を提出しますということでした。

次に、提出した書類をアコムで確認し審査完了次第、 「契約手続きのお願い」メールを送信しますということでした。

次に、受信したメールから、契約内容を確認の上同意をすると契約完了となりますということでした。

また、契約後は、振込キャッシングの利用で借入が可能ですということでした。

消費者金融の審査を受けると限度額はどのくらい?

消費者金融の審査では「返済能力の有無」が一番重要視されます。

当然、お金を借りたいのですからそれを返せない相手には貸しませんので、申込み者の情報をもとに消費者金融の審査でキャッシング出来るかの有無を確定していきます。

その審査には、仕事や収入の情報をもとに限度額等も考慮されますが、他社の利用状況によっても審査の可否やキャッシング出来る限度額は違います。

年収が300万円の方は、貸金業法の総量規制に基づき年収の3分の1までの借入が可能ですが、その方の情報をもとにみた属性を確認しながら限度額を決めていきます。

ですから本来であれば年収300万円の方の借入限度額は100万円となりますが、消費者金融によるキャッシングの場合は新規の申込みの場合大体50万円前後で決定されますので、新規で消費者金融に申込み、年収が大体300万円あるという方の場合の利用限度額は他社利用がなくて50万円前後だと思います。

また、仮に年収300万円の方がどうしても総量規制範囲ギリギリの100万円までの融資を受けたいという場合は、申込みに伴い身分証明書類の提出が必要となりますが、それと同時に収入を証明する書類の提出を行い、審査をしてもらう事となり、こうしたケースでも属性レベルが高いと認められる場合は新規でも100万円前後のキャッシングは可能だと思います。

このように消費者金融で利用できる限度額はその申し込みする方の条件により違います。

例えばバイトで生計を立てており、賃貸で暮らすという方の場合は消費者金融業者の審査における属性レベルも低い数値と判断され、その年収に伴う限度額となるので、仮に申込み者の年収が150万円なら年収の3分の1となる総量規制がまず50万円ですから、申込み者の属性レベルを総合的にみて50万円を限度にその範囲内で限度額を色々考慮し確定します。

このような流れでバイト、年収150万円属性よしという方が、新規での申込みを行い、その審査に可決した場合は、限度額も30万円前後ではないかと思いますが、属性に問題が無い方なら総量規制範囲内ギリギリの50万円というケースもあります。

消費者金融の審査は他業者の審査も参考にする!?

消費者金融の審査は、申込みを行い即行われます。

消費者金融により審査にかかる時間は異なりますが、早くて30分程度で審査が完了し長い場合では、3日以上かかる会社もあります。

審査における時間は、消費者金融の場合他銀行無担保ローン等と比較しても非常にスピーディーですが、審査においては、実は情報機関の情報をもとに審査しますから、他業者の審査を消費者金融でも参考にしていると考えられます。

融資額等もやはり他社ではどの程度の限度額にしているかという部分も申込み者の評価として参考になる部分もあると思いますし返済における状況も審査の参考となり得ると思います。

ですから消費者金融の審査では他社の利用をしている申込み者の場合、信用情報機関によりその利用状況が詳細にわかりますので、申込み者の信用度をみる上で他業者の審査を参考にする部分も多いと思います。

そのため消費者金融への借入を検討する場合、信用度等が下がらないように利用には計画を持ち利用することは勿論ですし、申込みの際にも1社に絞り申込む方がよいと考えられます。

申込み事実というものも情報機関には残り、何件も一度に申込みしている等の場合はそのままその履歴が残る事となりますので、そうなれば「申込みブラック=お金に困っている」という事につながり、信用度も下がりますので、そうなれば借りられるものも借りられなくなってしまいますので、消費者金融への申込みをする場合はそうした審査における内容もある程度把握し、慎重に申込みを行う事も大切です。

消費者金融業者に限らず、ローン商品へ申し込む場合は必ず審査において情報機関の照会をして審査の可否等を決定していきますので、日頃延滞等をして返済が確り行われない事実がある場合は、消費者金融でのキャッシングも難しいと考えて良いと思います。

このように消費者金融の審査では、他業者利用がある申込み者なら属性もそれで十分わかりますし、他社の審査も参考にしますので、消費者金融での借り入れがあり、尚且つ又別の会社へ借入する場合は、そうした状況を踏まえ申込みを検討すべきかと思います。

消費者金融の審査に関わる加入保険

消費者金融の審査では、申込みを行う方のあらゆる情報を確認します。

勤務先、勤続年数、年収、家族構成、住居区分等すべての情報を入手し審査の、参考にしながらローン商品を利用させられる相手かを確認します。

又その確認情報の中には加入する保険等もあり、この場合属性レベルが高いと評価されるのがやはり会社勤めの証拠となる社会保険等があげられます。

また公務員という方なら公務員専用の保険になりますのでそうした加入保険も属性レベルを高め限度額を決める上での参考材料となり有利な評価となります。

勿論どんな保険であろうとフリーローンの場合は身分を証明するもの、保険証がある事によりキャッシングは可能ですが、消費者金融の中には、こうした身分を証明する書類の提出が出来ない、保険証の提出が出来ない方の融資は断るところもありますので、保険の種類が何かも勿論審査の一環として必要な情報ですが、加入する事実があれば融資の可否を左右するものではありません。

中には保険を所有されないという方もおり、こうした方の場合はやはり融資を受けるのも中々厳しい状況になりますが、その持たないもしくは持てない事情により相談を受け付ける消費者金融業者がないわけでもありません。

ただ、やはり消費者金融業者も貸した分を取り返さなくてはいけないので、その申込み者の属性を知るためにも保険の有無、加入保険の種類等を確認する事となります。

消費者金融業者は審査において属性レベルやスコアリングをして審査をするので、それに伴い加入保険の種類やその保険の有無を確認する必要がありますが、これらにより審査の可否を決める事にはなりませんが、先に紹介するように保険の加入事実が無いという事になると融資の可否に関しても中々厳しいものとなる事は言うまでもありません。

加入保険がないという事はそもそも「安定した仕事が収入が見込めない=返済能力なし」という可能性も高いので、こうしたケースの場合の融資は否決傾向か、相談により可決する場合もありますがそのケースは比較的低めと考えていいと思います。

消費者金融の審査と電話

消費者金融では、キャッシング利用に伴い申込み者の色々な情報を確認しそれをもとに審査を行います。

消費者金融の審査では、属性レベルやスコアリングを色々と確定し最終的な評価、結果という流れですが、その中には申込み者が固定電話を持っているか、それとも携帯か?という部分もきちんと調査します。

又その調査により評価の上下が決められていきますが、やはり消費者金融での審査の評価が高いのは固定電話も所有、携帯電話も所有という方でこうした外でも家でも連絡が出来る方というのがやはり消費者金融でも評価が高いとみなされます。

大体固定電話は電話加入権が必要となる資産価値の高いものですからそうした電話を持つ方というのは信用性が高いとみなされる傾向にあるので、消費者金融での審査の評価も高くなります。

消費者金融ではお金を貸すにあたり「返済能力の有無」を審査する事となりますので「連絡がどこにいてもつく」という方を評価しますから、固定電話と携帯電話の両方を持っている場合が審査に有利という事になるわけです。

つまり逆を考えると携帯電話しか持っていない方は携帯を機種変更した場合等の連絡がつきにくいと考えられますし、携帯だと連絡が途絶える可能性も高いので、消費者金融の審査の場合は携帯電話と固定電話を所有している事が本来は望ましく携帯電話しか持っていない申込み者の場合は「連絡手段における信用性が低い」とみなされてしまうのです。

このように消費者金融の審査では、電話の所有に関する調査も行い、尚且つその調査に基づきキャッシングの審査の参考にするということなのです。

ただ、消費者金融の審査において確かに電話の有無等は必要な申込み者情報となりますが、それだけで審査が否決するというものではないので「携帯電話しかないから銀行カードローンは無理かも‥」と考える必要もなく、電話の有無に関する調査は審査の評価を確定する一環として確認するというだけですから、必ずしも固定電話と携帯のどちらも持たなければ審査に通らないという事ではありません。

国金で借りる場合を紹介中